少女は、歌うことを止めてしまった。
歌を聴かせたい人が、いなくなってしまったから。
僕たちがその人の代わりになれれば良いのだけれど。
数万のファンが力を合わせても、その人の代わりを務めることはできない。