同じ目線の者同士でないと、理解できない領域がある。
私と彼は、目線の位置が違いすぎた。
彼は天才で、私は天才じゃなかったからだ。
彼を理解できるのは、同じ天才でなければならないのだ。