ナイフを向けようが銃を突きつけようが、あいつはビビらない。
相当に屈強な精神の持ち主なんだろうなと、最初は思った。
でも、言うなれば逆だった。
あいつは現実の辛さに耐えられず、すでに生きる気力を失くしているのだ。