散々裏切られれば、疑心暗鬼や人間不信に陥るのが普通だと思う。
でも僕は反対に、裏切られれば裏切られるほど、人を一切疑わなくなった。
裏切られることに慣れてしまったせいで、感覚が麻痺してしまったのだ。
もはや、いちいち疑ってかかることが、めんどくさい。