「買い物に行ってきます」
いつも通りの、何てことない、普通のメモだ。
でも私にとっては、この一枚は特別な意味を持っている。
この何気ない一言が、彼女の遺言になってしまったから。