この世界は、好きなものを好きというのが難しいらしい。
マイナーであればあるほど、それは大きくなる。
だからその状況を打破する為に、私は今日も穴を探すのだ。
穴に向かって叫ぶ分には、いくらでも好きと言えるから。