最近は、どうやって死のうかってことを、よく考える。
生き方よりも、死に方の方が、選ぶのが難しい。
生き方は、生きている限り、百八十度変えて再チャレンジだってできる。
でも死に方は、気に入らなかったらリトライってわけにはいかないから。