時間の流れには、重さが存在する。
時が経てば経つほど、エントロピーのように、重さが増大していく。
たから僕たちは、年を取るほどに、動き辛くなっていくのだ。
無邪気な子供の頃のように駆け回ることは、私にはもうできない。