やっぱり一流ってのは、腐っても一流らしい。
どんな無茶振りをしても、何だかんだでクリアして来る。
だから私は、相手が一流かどうか見極める時には、あえて無茶振りをする。
これを乗り越えてさえくれれば、履歴書の経歴なんて気にしない。