彼女と会った瞬間に、僕たちの運命は回り始めた。
この人と一生付き合っていくことになると、瞬間的に悟った。
その直感は間違っていなかった。
僕たちは共に世界の頂点を目指して、死ぬまで拳を交え続けた。