多くの人はある時期、人知れず反抗期を迎え、また人知れずそれを終わらせる。
ただ彼の場合は、迎えたのは人知れずだが、終わりは誰の目にも明らかだった。
悪い仲間と夜遊びしているときに事故に巻き込まれ、生死をさまよったときだ。
失った肉体を全て両親が提供してくれたと知ったとき、彼の反抗期は終わった。