このプロジェクトがどうして上手く行かないのか、僕らは分かっていなかった。
どこにもミスが見当たらないのに、なぜかエラーが出てしまう。
内部にスパイがいて、意図的にエラーを誘導していると知った時は、手遅れだった。
彼の思惑通りに、僕らはライバル企業に先を越されてしまったのだ。