穴が開くほど見つめるという表現がある。
あれはあくまでも比喩で、実際に穴が開くわけじゃない。
……と、先日までは思っていたのだけれど。
世の中には、実際に視線で壁に穴を開けられる奴も、いるらしい。