あの子は他人想いで、とても空気の読める人だ。
だからみんなと一緒にいる時は、決して僕に話しかけてこない。
下手に仲間に入れようとすると、空気が悪くなることを分かっているからだ。
その代わり、二人だけの時は、いつも笑顔で僕と遊んでくれる。