「一瞬の油断」が命取りになってしまった。
どうしてこんなことを言ってしまったのか、自分でも分からない。
戦いが長時間続いたから、もう出せる単語がなかったってのもある。
いずれにしろ、このしりとりは僕の負けだ。