彼が常に他人よりも先を歩いているのは、他人の共感を求めていないからだ。
ただそれは、彼に共感する者や同調する者が全くいないという意味ではない。
むしろ彼に憧れ、彼の背中を追う者は後を絶たない。
彼自身が、それを何とも思っていないというだけだ。