私は、何かが終わるということに対して、嫌悪にも似た苦手意識がある。
しかし、映画だって永遠には続かないし、旅にも終着が存在する。
だから私は、何も始めないのだ。
始まりがなければ、終わりもないから。