僕たちは知らず知らずの内に、たくさんすれ違っている可能性がある。
だって、本当に言葉が正しく通じていると証明することは、誰にもできない。
もしかしたら互いに通じている気になっているだけかもしれないのだ。
まあ、一方的に通じている気になるよりは良いけど。