僕は昔から何かといたずら好きで、いろんないたずらをみんなに仕掛けていた。
好きな子の気を引くためにも、僕は自分の持つその力を存分に発揮していた。
その子には結果嫌われてしまったが、別にそのときのことを後悔はしていない。
僕の数々のいたずらが、日本有数のオモチャ会社を作るに至ったのだから。