どんなにダメダメだろうと、終わり良ければ全て良し。
でもそれは、逆の場合にも同じことが言える。
ずっと何一つミスがなく、これ以上ないほど上手く行っていたのに。
最後の最後に一つミスしただけで、全てが水の泡になってしまった。