「私たちは、運命に導かれた二人なんだよ!」
彼女なりに熱いことを言ったつもりだろうが、僕にはよく分からない。
運命ってのは、そんなにいつも、僕たちの手を引いてくれるものなのだろうか。
今まで僕は多くの判断を自分の意思でしてきたけど、それは気のせいなのだろうか。