私の書く小説は、私自身の実体験が元になっている。
だから自分の身の周りと小説の中には、共通点が多い。
それでもやはり、小説はあくまでも小説なのだ。
小説の中の私は、現実の私よりも、少しだけ理想の自分に近い。