あいつは超がつくほどのお節介だけど、嫌いではない。
あいつのお節介は、必ず何かの役に立つからだ。
出会ったばかりの頃こそ、鬱陶しいと思ったこともあったものだが。
今では、あいつのお節介がないと、不安を感じることもあるほどだ。