僕たちにとって、死ぬことはどうあっても避けられない。
だから、死ぬ時のことをいろいろと考えたところで、時間の無駄だ。
でも同じように、死ぬまで生き続けることも、避けられないのだ。
だから僕は、日々をどうやって生きるかについても、あれこれと考えない。