差していた傘を、彼女はそっと閉じた。
自分の顔を、みんなに見せたかったからではない。
むしろ逆で、隠したかったのだ。
頬を雨で濡らしてしまえば、余計な感情を悟られずに済むから。