そりゃあ、できることなら辛いことや悲しいことは避けたい。
でも喜怒哀楽のどれが欠けても、今の私は成り立たないだろう。
感情を知らなければ、表現することができない。
喜びしか表現できないようでは、一流の役者は務まらない。