先生からは指導者が向いてると言われ、親からは技術職が合っていると言われた。
友人からは芸術家を勧められ、先輩からは堅実に公務員になれと言われた。
でも結局、そのどれにも僕はならなかった。
とある知人の、お前は何もできないよという一言が、一番心に響いたから。