彼が生まれた日、私はその誕生を記念して一本の木を植えた。
その木を越えるくらい、背の高い男に成長して欲しいという願いを込めて。
しかし結局、彼の身長がその木よりも高くなることはなかった。
街を歩いていると、ほとんどの人が彼を見上げるくらいにはなったのだが。