最近の私のアルバムにある写真は、全て幽霊が写っている。
意図的に心霊写真になるように撮っているのだから、当たり前。
今の私たちにはもう、こういう方法でしか思い出を共有できないのだ。
遠いところに行ってしまった彼の姿は、写真を撮ることでしか見えない。