僕にとって、遊びはいつだって遊びではなかった。
いつだって人生を賭けた真剣勝負だった。
たとえ鬼ごっこだろうと、負けたら全てを失う覚悟で臨もうとした。
まあ、みんな引いちゃって誰も相手にはしてくれなかったけど。