壁と呼ぶほど困難な障害ではない。
壁というよりは、むしろ板って言葉の方が適当だ。
板なんて、ちょっと力を込めればすぐに叩き割れる。
そのはずなのに、僕はこの板の前から未だに動けずにいる。