一足す一が二になるのは、算数の世界の話だ。
僕たちは一足す一が二にはなっていない。
一足す一は、もっと大きな一になるだけだ。
それが永遠の契りを交わすということだと思う。