彼は何年もの間、ずっと穴を掘り続けている。
何のために掘っているのか訊いても「別に」としか言わない。
しつこく訊いた結果、少なくとも発掘のためではないことが分かった。
穴が深くなればなるほど、何のために掘ってるのか疑問も深まっていく。