おはようからおやすみまで暮らしを見つめている。
片時たりとも目を離すことはない。
これは僕の使命であり、義務なのだ。
僕の運命の人が妙なことに巻き込まれないよう、ずっと見守るのだ。