あの人のそばにいるには人間に姿を変える必要がある。
あの人の好みから最も離れた人間にならないとそばにいることを許されない。
それでも私は、迷わず人間になることを選んだ。
愛される可能性がゼロであっても、私はあの人に近づきたいのだ。