「ピンチの時はいつでも駆けつけるからね!」
あの時は、よくあるお決まりのセリフくらいにしか思っていなかった。
しかしまさか、本当にいつ何時でも駆けつけてくるとは。
瞬間移動だけでもビックリなのに、どうやって僕のピンチを察しているのか。