ある朝目覚めたら、僕は全く見覚えのない場所に我が身を横たえていた。
すぐ近くに川があったので、手を入れてみたら水がとても冷たかった。
とりあえず、ここが死後の世界ではないことだけは間違いがなさそうだ。
死んでしまったらきっと、冷たいという感覚もなくなるはずだから。