不治の病にかかってしまい、医者からも余命はあと一年足らずだと言われた。
ただ、今すぐ入院して治療に専念すれば、一応あと五年ほどは生きられるそうだ。
残される家族のことなどを考えれば、延命治療をした方が良いのかもしれないが。
しかし死ぬまで寝たきりで何もできない延命に、意義を見出すことができない。