「俺はどんなに雨が降っても、雨粒に当たらずにやり過ごせるぜ」
やたら自慢げに言うものだから、だったらやってみせろと僕も答えた。
そしたら大雨の中に出て行って、普通に傘を差してやり過ごしただけだった。
確かにどんな雨でも一切濡れずに傘を差すのは、簡単ではないけれども。