どんなものにでもいつか必ず終わりはやって来る。
けれど終焉は、必ずしも喜ばしいものばかりではない。
それが嫌で、僕は終わりが来ない場所に身を沈めた。
時間の止まった、永遠に終わりがやって来ないこの場所に。