写真が全然上手に撮れない、そんな自分が凄く嫌だった。
特にそれが、誰かの為に撮る写真ともなると、下手なのが凄く申し訳ない。
そう思えば思うほど余計に萎縮してしまって、益々写真を撮らなくなる。
だからいつまで経っても、上手な一枚というものが撮れない。