柔らかな花の香りとともに、彼女は僕の前に現れた。
彼女には名前がなかったので、僕は彼女を花と名づけた。
やがて彼女は、花も恥じらうほどの美人に成長した。
彼女が実はかぐや姫ではないことを祈るばかりだ。