彼の一挙手一投足が、私の心を掴んで離さない。
カッコイイわけでもないし、特別凄い所作というわけでもない。
それなのに、どうしても視線を逸らすことができない。
理由が分からないからこその、一目惚れだと言うのだろうか。