まるで三流ライターが書いた歌詞のようだった。
力の限りを込めて書いた、初めてのラブレター。
こんなものを渡すのは、並の勇気では無理だろう。
でもそれ以上にこれは、受け取る方が勇気がいるだろう。