あいつを応援する声は、一つもなかった。
でもみんな、心の中ではあいつのことを応援していた。
みんな分かっているのだ。
あいつは極度の恥ずかしがり屋で、応援すると力が落ちることを。