どんな時でも、舞台に立てば必ずベストコンディションになれた。
風邪を引いていようが、足を怪我していようが、お構いなしに。
でもつい先日、初めてベストコンディションで舞台に立てなかった。
引退を決意したのはその時だ。