僕は何事においても、いかに変化球を投げるかを考えてしまう。
変化球しか投げれない、と言い換えても良いのかもしれない。
周りの人からは会話が面倒だと思われているようだけど、仕方ない。
野球だって、変化球の鋭いピッチャーは恐れられるものだから。