鳴かぬなら、鳴くまで待とうホトトギス、という句がある。
徳川家康が辛抱強く我慢したことを表した一句だ。
僕の友人は人の頼みを断れない人だから、きっとこんな句を残すだろう。
「鳴かぬなら、私が鳴こうホトトギス」