本は好きだが、それ以外にも好きなことはたくさんある。
それらの時間を多く確保するため、僕は速読の練習をした。
おかげで、今までの十倍くらいのスピードで本が読めるようになった。
しかし読書量が十倍になっただけで、費やす時間は変わらなかった。