人は年を取るほどにいろいろなことを覚え、できることが増えて行く。
しかし年を取るほどにいろいろなことを忘れ、できないことが増えて行く。
何かを得た分だけ、人は何かを失うようにできている。
それは質量保存の法則なんかと一緒で、必然的に平衡するものなのだろう。